人格を持った一人の神

私のからだは主のためにあり、主は私のからだのためにおられます

私はかつて、イギリス最大の大学で教授をしており、様々な学位と教育界での実績がありました。いろいろな意味において私は知的に洗練されていました。だからといって、自分が聖書の創造の記録を信じていることで知的劣等感を感じることはありません。

聖書を信じる前、私は人間の起源を説明しようとしている様々な資料を研究しましたが、納得のいくものは見つかりませんでした。多くの場合、それらは互いに矛盾していました。そこで、私は聖書を研究することにしました。信者としてではなく、哲学の専門家としてです。私は、「少なくとも、これまでに聞いてきたことよりは良いだろう」という程度に考えていました。しかし、驚くことに、聖書に答えが書かれていることを発見したのです。

創世記に簡潔な言葉があります。「主なる神」すなわち、「ヤハウェ」という神の個人名で始まります。この言葉は、人格を持った一人の神が個人的な交わりのために人を形造ったということを示しています。

神である【主】は、その大地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。それで人は生きるものとなった。(創世記2:7)                                   

ここに、創造主の手によって形造られた、天上からの神の聖い永遠の息と、地の下から取った粘土のからだとの結合を見ることができます。上からの霊と下からの粘土の結合が、生ける人格的な神との交わりを持つことができる、生きる人間を生み出したのです。

【祈り】 

主よ、私のからだのための備えを感謝します。私は、人格を持った神さまが個人的な交わりのために私を造ってくださったこと、そして、私のからだは主のためにあり、主は私のからだのためにおられることを宣言します。アーメン。

Blue scroll to top arrow iconBlue scroll to top arrow icon
ソーシャルメディアで共有する。

ソーシャルメディアでの共有ありがとうございました。

ページリンク
リンクをコピーする
https://www.derekprince.com/
Black copy link icon